~海釣りブログ~ 波止釣りで釣れる魚、仕掛け、タックル、釣り方を紹介した総合釣りガイド

海釣りのバイブル

右フッター用

icon-home Homeicon-sitemap Sitemapicon-file-text Profileicon-archive Privacyicon-envelope Contact

【アジ】釣れる時期と時間、釣れる場所

更新日:

海釣りを行う釣り人にとって、一番人気のターゲットはなんと言っても【アジ】でしょう。

アジ釣りのシーズンは初夏~晩秋ですが、この時期になると、足場の良い釣り場である堤防や海釣り公園は、サビキ釣りでアジを狙う釣り客で大賑わいです。

 

サビキ釣りで賑わう防波堤

サビキ釣りで賑わう防波堤

ベテランさんだけでなく、初心者さんやファミリーさんも入り乱れ、同じように並んで行える釣りは、アジ釣りくらいだといっても過言ではありません。

アジ釣りが人気の理由は、概ね以下のような感じでしょうか。

アジ釣りが人気の理由

  • 安価で手軽に始められる
  • 初心者でも比較的簡単に釣れる
  • 様々な料理に使えて美味しい

特別な知識や技術は必要なく、初心者でも釣果を得やすいというのが第一の理由ですが、実は釣行の時期や時間、釣り場や釣り方を理解していなければ、そう簡単にはいかないケースも多々あります。

特にシーズン外れの釣りや、サイズのある大物を狙うケース、またルアーを使ったアジングを行う場合などでは、アジの習性を知ったうえで狙うのと、何も知らないで釣るのとでは、釣果に大きな差が出ます。

逆に、釣れる時期や釣れる時間、そして釣れる場所を理解していれば、より好釣果に繋がりやすくなります。

ここでは、アジという魚の特徴と習性について簡単に紹介した後、アジ釣りに適した時期、時間帯、そしてアジが釣れる場所について纏めます。

 

【アジ】特徴と習性 ~釣れる時期・釣れる時間・釣れる場所~

ここでは、アジを釣るために押さえておきたい基本知識として、以下の4点について紹介します。

アジ釣りに関する基本知識

  • アジの特徴と習性
  • アジの釣り場とポイント
  • アジが釣れる時期(シーズン)
  • アジが釣れる時間帯

まず始めに、アジという魚の特徴と習性について紹介します。

その後、アジの習性を踏まえた上で、アジを釣るために関係が深い、アジが釣れる場所、釣れる時期、そして釣れる時間帯について確認してみましょう。

アジが釣れる釣り場・時期・時間は、それぞれ密接に関わり合い、例えば、時期が異なれば釣れる場所や時間も変わってきます。

本記事をご覧になる方の釣行時の参考になるように、出来るだけ具体的なケースに分けて紹介してみます。

なお、これに合わせて、様々なアジの釣り方の種類についても紹介したいところですが、記事が長くなりすぎるので、これらについては別途、釣り方の種類をまとめた記事にて紹介します。

 

アジの特徴

釣りターゲットとして大人気の【アジ】

釣りターゲットとして大人気の【アジ】

アジ(鯵)は、アジ科に含まれる魚の総称で、堤防釣りで釣れる一般的にアジと呼ばれているのは、【マアジ(黄アジ、赤アジ)】【マルアジ(青アジ)】のことです。

アジは魚屋さんでもよく目にする非常にポピュラーな魚ですが、30cmを超えるサイズの大きなものは基本的に沖で捕獲されたものです。

釣り人が湾内の防波堤で手軽に釣れるアジは、5cm程度の豆アジと呼ばれるものから、おおよそ20cm程度までの子アジがメインとなり、25cmを超えてくると良型、更に30cmを超えてくると【尺アジ】と言われ大物に部類されます。

体色の特徴は保護色になっており、背側は鳥類など上方からの捕食者を避けるための暗い色(青、黄、黒)、腹側はフィッシュイーターなどの下方からの捕食者を避けるための明るい色(白、銀)になっています。

体形は潮の流れや生息する場所にも影響しますが、葉っぱ形状からスリムな紡錘形のものまでが混在しています。

食用としてのメインはマアジですが、刺身やタタキの生食から、塩焼き、南蛮漬け、唐揚げや天ぷらなど、どのような料理にしても非常に美味しい魚です。

何気に食卓に並ぶ魚を手軽にゲット出来るのは、釣りの魅力の一つですね。

 

アジの習性

アジは回遊性の魚

アジは回遊性の魚

アジという魚種は、毎年春に外海で生まれた稚魚が湾内に入り、ある程度成長したら、再び外海へ出ていくという習性を持ちます。

ですので、実は波止釣りで釣れるアジは、新子や新ジャコと呼ばれる幼魚のことになります。

ところが、エサが豊富な湾内では、一部のアジは外海へ出ずに、冬季に入ってもそのまま湾内の深場に居着くものが出てきます。

これらのアジは更に成長し、30cmを超える大物に成長しますが、シーズン外にこのアジを狙う釣り方もあります。

そのあたりのことは、先程もお伝えしたように、別記事にて紹介します。

アジは群れで行動する習性があり、サイズの小さい豆アジや子アジは特にそうですが、朝夕のマズメ時などには、この傾向がより強くなります。

逆にサイズが大きいものについては、一日のうちで日中や夜間などは、群れが小さくなったり、散ってしまう傾向があり、数釣りが難しくなります。

次に、アジは夜釣りで行うことが多いアジングに代表されるように、夜間でも釣れるのですが、基本的には夜行性ではなく昼行性の魚です。

ただし、夜釣りでは群れを釣るという日中の釣りとは少し異なり、ヒット数は減る分、サイズはワンサイズ大きな獲物が狙えます。

アジのエサは、動物性のプランクトンやシラス(魚の稚魚)がメインとなり、シラスの中には青魚(アジ、サバ、イワシ)の稚魚も含まれています。

そういう意味では、青物同士で大が小を喰らうという、共食いをする習性があるとも言えます。

それではアジの習性のうち、釣りに関与が深い点を、より詳細に見ていきましょう。

 

アジが釣れる釣り場とポイント

アジはもともと定着性のある魚では無いので、一般的な防波堤で、潮通しの良い釣り場であれば、何処でも釣れると言っても過言ではありません。

初心者でも手軽に狙える魚という点を考えれば、釣れる場所を問わないというのは、非常に嬉しい重要な条件です。

それでは、前項で説明した回遊性という部分も踏まえて、一般的な堤防釣りでアジが釣れるポイントを確認してみましょう。

アジが釣れるポイント

アジが釣れるポイント

春から初夏にかけて外海からやって来た、アジはまず始めに沖提(一文字)付近で釣れ始めます。

間もなく漁港や護岸などを含めた内海の防波堤付近までやってくるようになり、6月頃からのシーズンが開幕する頃になると内海を中心にグルグルと回遊し、朝夕を中心に防波堤の足元までやってきます。

ポイントはやはり潮通しの良い場所ということで、防波堤の先端付近が一級ポイントになりますが、幼魚(子アジ)であれば堤防の中ほどでも潮が流れていれば釣果は得られます。

また、汽水域にも積極的に入ってきますので、河口付近でも十分な釣果を得ることが可能です。

特に豆アジや子アジは夏から初秋にかけて、防波堤の足元を狙ったサビキ釣りで数釣りが楽しめます。

夏場の一番活性が高い時期は、漁港の湾奥(最奥)まで入ってくるので、潮止まりとなるような漁船の係留場所でさえも普通に釣れます。

ただし、大型のアジは潮通しの良い沖目に回遊してくるので、外海向きへ仕掛けを遠投する方が釣果に繋がりやすいでしょう。

沖堤(沖の一文字)などの潮の流れの良い釣り場では、防波堤の足元でも大型のアジの釣果が期待できます。

先に述べたとおり、アジは夜行性の魚ではないので、夜が深まると釣果は落ちますが、防波堤の中でも常夜灯がある場所では、エサとなるプランクトンやシラスが集まりやすいので、夜間でも引き続き釣果が期待できます。

 

アジがよく釣れる時期(シーズン)

どのような魚でも、時期(シーズン)は地域によって多少ズレが生じます。

ここでは、管理人が住む関西地方を中心としたシーズンの紹介になりますので、その点ご認識下さい。

 

シーズンは【豆アジ】から始まる

シーズンは【豆アジ】から始まる

堤防釣り(波止釣り)のアジは、だいたい6月~12月頃まで釣れます。

数も期待できるシーズンは7月~10月ですが、シーズン始めの6月~7月は【豆アジ】と呼ばれる、10cm未満の幼魚が釣果の中心となります。

余談ですが、豆アジはウロコを取らずに指だけで処理でき、骨も柔らかく、から揚げなどにすると骨ぐち食せるので、これもまた人気のターゲットです。

そして、朝夕のマズメ時だけではなく、日中でも釣果が期待できるのは、7月下旬~9月中旬頃でしょう。

シーズンの後半10月以降になってくると、アジも成長してきて20cm程度のものが釣れるようになります。

同時に海水温の低下とともに、アジは沖の深みへと落ちていくので、11月に入ると徐々に釣れる数は少なくなります。

ただし、エサが豊富な湾内では、一部のアジは居着きとなり、冬季であっても朝夕のマズメ時を中心に回遊してきて、沖目を狙う釣りで30cmを超えるものが釣れることがあります。

この場合、大規模な群れで行動しているわけではないので、たくさん釣れるという事はありません。

 

アジが狙える時間帯

アジが狙える時間帯は、基本的に朝夕のマズメ時で、この時間帯に波止際を群れで回遊します。

簡単に言うと、最も釣果が期待できる時合(じあい)は、朝日が出るタイミングから2時間程度(概ね5時~7時位)と、日が暮れる少し前のタイミングから2時間程度(概ね17時~19時位)ということになります。

波止釣りのターゲットとしては、どちらかというと潮汐の種類や、上げ潮、下げ潮のタイミングに影響されにくい魚だと言えます。

ただし、既に前項で紹介したように、この良く釣れる時間帯は、シーズンによって変動します。

シーズン真っ最中の夏場は、湾奥までアジが入り込んで来るので、こうなると湾内をグルグルと回り、日中でも釣れ続けるようなケースも珍しくありません。

潮通しの良い場所に建造された海釣り公園や、沖に伸びた釣り桟橋を持つ施設においても、同じような事が言えます。

逆に、シーズンの終盤になると、成長したアジの警戒心も大きくなり、回遊する時間帯が陽が沈んでいる時間帯になるケースが多くなります。

ファミリーフィッシングなどだと、陽が沈み始めたので納竿するかと思った頃合いにアジの回遊があり、悔しい思いをするケースも多くなります。

それと同時に魚の活性が高くなり、釣れやすくなる時間である時合(じあい)が短くなるのも、シーズン終盤の特徴の一つです。

群れが小さく、短い時合の中で数を稼ごうと思えば手返しの良さがポイントになるので、マキエを切らさないように効率よく仕掛けを投入するように心掛けましょう。

 

シーズン外で大物を狙う釣り方もある

シーズン外で大物を狙う釣り方もある

なお、シーズン外の冬場や初春の頃でも、居着きの大物アジを釣るような方法もあり、この場合は、ほぼ半夜釣りか夜釣りになります。

アジは潮汐の影響を受けにくいと言いましたが、夜間の釣りでは潮が動いていない時間帯は、確実に釣果が落ちるので、夜釣りでアジを狙う場合(特にアジングを行うアングラー)は潮汐を意識した方が良いでしょう。

その代わり、夜間は何時頃までしか釣れないというのはなく、潮の動きに合わせて一晩中釣果は期待できます。

 

以上で、アジの特徴と習性の紹介を含めた、釣れる場所、釣れる時期、釣れる時間帯の紹介を終わります。

メインシーズンでは初心者さんもベテランさんも、同じようにアジの釣果を得ることは難しいことではありません(釣る数には差が出ます)。

ただし、シーズンの序盤や終盤、あるいはシーズン外の釣りでは、ここで紹介したような知識があるのとないのとでは、釣果の有無を左右することにもなります。

もちろん得られる釣果は釣り方の種類にもよるので、一概にこれだけで釣れる釣れないとは言えませんが、アジ釣りの基本的な知識の一端として覚えておいておきましょう。

アジの仕掛けや釣り方についても、順次紹介していきます。

 

【追記】様々なアジの釣り方の種類についての紹介記事を作成しました。

 【アジの釣り方】エサとルアーを使ったアジ釣りの種類

 

海釣りバイブルPC記事下ダブル(左)-336-280-default

スポンサーリンク

海釣りバイブルPC記事下ダブル(右)-336-280-default

スポンサーリンク

-対象魚
-, , , ,

Copyright© 海釣りのバイブル , 2019 All Rights Reserved.