~海釣りブログ~ 波止釣りで釣れる魚、仕掛け、タックル、釣り方を紹介した総合釣りガイド

海釣りのバイブル

右フッター用

icon-home Homeicon-sitemap Sitemapicon-file-text Profileicon-archive Privacyicon-envelope Contact

12月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方

更新日:

ここでは12月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方について紹介します。

海釣りにおいて釣果がグッと上向く秋のベストシーズンにうまく釣行に出ることができましたか。

9月後半から11月初旬までは海釣りを楽しむには最高の時期ですが、台風や長雨も多く、休日に釣行に出られないことが多いのが実情です。

12月に入ると冬の訪れを実感する日も増え、海水温も日々下がり続けることから、堤防釣りでは魚影も徐々に薄くなってきます。

それでは、11月に比べると対象魚はずいぶんと絞られてきますが、12月に狙えるおすすめのターゲットと釣り方を紹介します。

 

12月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方

12月はその年の寒暖差の違いで釣果が変動しやすい月度ですが、前半と後半でも釣り難しさが変わる時期です。

また、日本国内とは言っても地域によって気温と海の状況はずいぶんと変わります。

ここで紹介する内容は、あくまで管理人が暮らす近畿を基準とした紹介になりますので、その点はご了承下さい。

 

【メバル】晩秋から初冬のメバルは年に2回の爆釣チャンス

晩秋から初冬はメバル釣りの好機

晩秋から初冬はメバル釣りの好機

11月にシーズンインを迎えるメバルは、12月の水温の低下とともに適水温に近づいてくると、グッと活性が上がります。

真冬の1月、2月に産卵を控えたメバルは、晩秋から初冬のこの時期に荒食いすることも多く、大釣りになることも珍しくありません。

ただし、12月に釣れるメバルは、大小様々な個体が入り交じるのも特徴で、ポイントも重要になります。

11月頃から沖の深場から接岸してくるメバルは、12月に入っても少し水深のあるストラクチャー付近についていることが多いので、少し深めのレンジを探るのが良いしょう。

おすすめの釣り方としては、メバルは基本ナイトゲーム(夜釣り)になります。

エサ釣りでは活きエビを使ったエビ撒き釣りで、マキエを切らさないようにシモリから浮き上がらせて釣りましょう。

また、ルアーフィッシングでは、定番のジグヘッドにワームのメバリングでレンジを探るのが手堅いです。

ただ、プリスポーン(産卵前)の時期はメバルプラッキングに適した時期でもあるので、メバルのライズが確認されたら、小型のプラグでトップウォーターの大物を狙うのも面白いです。

メバルについては別途詳しく纏めていますので、宜しければコチラをどうぞ

メバルを攻略
メバルの釣り場とポイント
【メバル】釣れる時期と時間、釣れる場所

海釣り(堤防釣り)で、エサ釣りとルアーフィッシングを問わず大人気の対象魚であるメバルの特徴と習性を纏めます。その上で、メバルの釣果を伸ばすのに重要な釣れる時期(シーズン)、時間、そしてメバルが釣れる釣り場やポイントについて詳しく紹介します。

続きを見る

 

【アジ】サビキ釣りは難しくなるも、アジングはグッドシーズン続く

12月シーズン終盤のアジは良型期待

12月シーズン終盤のアジは良型期待

堤防釣りのNo.1人気ターゲットのアジは、6月頃からの豆アジに始まり、夏場に小アジとなり、ひと夏を越して秋に大きく成長した姿になります。

夏から秋口にかけてアミエビというエサを使ったサビキ釣りで爆釣するアジは、アジングやジグサビキでも大いに釣果は期待できます。

ただ、数釣りよりもサイズを重視するアジンガーにとっては少々物足りないのが正直なところでしょう。

そんなアジも12月に入ると水温の安定した沖の深場へ移り、堤防釣りでは水温が高めで安定した場所を除けば、日中の回遊がほとんどなくなります。

釣果が上がるのは夜がメインで、数は少ないながらも20cmを超えるサイズが狙えるようになります。

こうなると、秋のハイシーズンで盛り上がったファミリーフィッシング中心の数釣りは終了し、ワンサイズ上を狙った夜釣り師やアジンガーの出番と言えるでしょう。

おすすめの釣り方は日中のエサ釣りなら投げサビキやカゴ釣りになり、12月も後半になるほど、水深の深い沖目でなければ釣果を出すのは難しくなります。

夜釣りで水深のある釣り場であれば、少ない頻度で群れは大きくないですが、まだ足元のサビキ釣りでも釣果を得られるケースはあります。

アジングではジグヘッドを使ったソフトルアー(ワーム)がベースですが、狙いはボトム付近になるので、小型のメタルジグなどを使うのも良いでしょう。

アジについては別途詳しく纏めていますので、宜しければコチラをどうぞ

アジを攻略
アジは回遊性の魚
【アジ】釣れる時期と時間、釣れる場所

海釣りを行う釣り人にとって、一番人気のターゲットはなんと言っても【アジ】でしょう。 アジ釣りのシーズンは初夏~晩秋ですが、この時期になると、足場の良い釣り場である堤防や海釣り公園は、サビキ釣りでアジを狙う釣り客で大賑わいです。   ...

続きを見る

 

【クロダイ(チヌ)】引き続き良型サイズが狙える初冬のチヌ

海が荒れても釣果が期待できる黒鯛(チヌ)

海が荒れても釣果が期待できる黒鯛(チヌ)

厳寒期を除いて周年釣れるクロダイ(チヌ)は、日々気温が下がる12月でもまだまだ釣果の方は期待できます。

10月、11月の台風や雨が多い時期に比べると、濁りが入るケースが少なくなり、爆釣する機会は減ります。

ただ、12月はまだまだ水温も下がり途中で、多少海が荒れても釣果に与える影響が少ない魚であるチヌは、年内なら釣果は十分に期待できます。

12月に釣れるクロダイは、数釣りは期待薄ながら、ヒットすれば40cmアップのサイズが多く、春の乗っ込みに続いて大物を狙える時期だと言えます。

この時期はエサ取りも少なくなることから、紀州釣りのように刺し餌を守る必要も少なく、おすすめの釣り方はスタンダードなフカセ釣りが良いでしょう。

ただし、遊泳層は底付近になるので、上層まで浮かせるのは難しく、棚設定は深めにするのが基本です。

なお、夏場のチニングとは違い、ルアーマンにとってはかなり釣り難しくなる時期です。

水温の高い特殊ポイントや河口付近で行うラバージグなどを除けば、釣果は伸びない時期に入り始めます。

クロダイについては別途詳しく纏めていますので、宜しければコチラをどうぞ

チヌを攻略
クロダイの釣り場とポイント
【クロダイ(チヌ)】釣れる時期と時間、釣れる場所

海釣り(堤防釣り)で、初心者でも比較的大物の釣果が得やすい、大人気のクロダイ(チヌ)の特徴と習性を纏めます。その上で、チヌの釣果を伸ばすのに重要な、釣れる時期(シーズン)、時間、そしてチヌが釣れる釣り場やポイントについて詳しく紹介します。

続きを見る

 

【アオリイカ】エギング厳しくも、泳がせのヤエンは良型の釣果続く

ヤエン釣りが良い12月のアオリイカ

ヤエン釣りが良い12月のアオリイカ

10月、11月の数釣りとしてはベストシーズンを迎えていたアオリイカですが、12月に入るとグッとアタリは減ります。

ただし、秋に大きく成長したアオリイカは、この時期になると1kgを超えるものが出るため、魅力ある釣りが楽しめます。

新子の時期のように見えイカはいなくなるのでサイトフィッシングは楽しめず、堤防釣りではポイントはシモリ周りに限定されてきます。

磯が隣接するような岩礁帯が近くに広がる釣り場に焦点を絞って、釣行に出掛けるのが良いでしょう。

12月という時期を考慮すればエギングは難しく、人気の釣り場でもエギンガーはほとんど姿を消します。

釣果を出しやすいおすすめの釣り方は、専ら生きエサであるアジを泳がせるヤエン釣り1本になります。

ただし、12月はポイント次第でアジを釣って確保するのも難しくなる時期なので、最低限の数は購入して持ち込む方が無難です。

 

【メジナ(グレ)】12月は堤防釣りで良型を狙えるチャンス

堤防釣りでも良型狙える12月のグレ

堤防釣りでも良型狙える12月のグレ

メジナ(グレ)は一応ほぼ周年釣れる魚で、磯釣りでは晩秋から春が最盛期です。

グレといえば冬が本番の上物というイメージだと思いますが、堤防釣りでは春先から初夏に数釣りが出来ます。

ただ、暖かい時期は木っ端グレと呼ばれる20cm前後が主体で、30cmを超えるサイズを狙うには寒が入り始める12月、1月が狙い目です。

ただし、尾長(オナガ)はベストシーズンが異なり、外洋性も強くサイズが上がると潮通しの良い沖磯に出ていくので、堤防釣りで狙える良型は、内湾に居着くケースも多い口太(クチブト)になります。

いずれにしてもグレは潮通しの良い岩礁域を好む魚なので、サイズアップする12月のグレを狙うなら、釣り場とポイント選びは重要です。

なお、おすすめの釣り方は特になく、季節柄エサ取り対策もほとんど必要としないので、一般的なフカセ釣りや全遊動の釣りで良いでしょう。

 

【カレイ】数・サイズともに好調続く12月がベストシーズン

12月にベストシーズンを迎えるカレイ

12月にベストシーズンを迎えるカレイ

11月頃から数釣りが可能になるカレイは、12月のスポーニング(産卵時期)の時期を迎え、数・サイズともに最も期待できるベストシーズンに突入します。

産卵前のカレイは体力を養うために荒食いするので、他の釣りをしていても時折大型がヒットしてくる時があります。

その理由として、晩秋から初冬にかけてのカレイは、潮流の速いエリアよりも港内の潮の緩いエリアにたまることが多いためです。

12月のカレイは、釣り場によっては遠投ではなくチョイ投げなどでも十分釣れるので、近投も含めて探るのが良いでしょう。

逆に12月を過ぎて1月に入ってくるとほとんどの個体は産卵を終えてしまい、こうなると活性が一気に下がりエサを食べなくなります。

カレイの数釣りを楽しむのであれば、12月中に出掛けるようにしましょう。

おすすめの釣り方は、上記のように投げ釣りだけでなく、ちょい投げや引き釣りも同時に試してみるのが良いでしょう。

 

【アイナメ】寒を迎えて一気に最盛期を迎えるロックフィッシュ

12月にシーズンインを迎えるロックフィッシュのアイナメ

12月にシーズンインを迎えるロックフィッシュのアイナメ

根魚(ロックフィッシュ)は水温が低下する冬が本番というイメージをお持ちかと思いますが、その代表格がアイナメです。

特に周年釣果が期待できる北海道や東北などを除けば、一般的な堤防釣りで大型のアイナメを釣るのはなかなか至難です。

それゆえ、釣行に出る時期は重要な要素の1つになりますが、11月頃から産卵のために接岸するアイナメは、12月に良型をターゲットとして狙える最盛期を迎えます。

多くの魚に共通して言えることで、牝は産卵を終えると活性は下がり動かなくなるので釣り難しくなりますが、アイナメの場合は雄も卵を守るために根から離れなくなるので釣り難しくなります。

おすすめの釣り方としては、時間帯によってって変わりますが、朝夕のマズメ時はアイナメも良く動くので通常の投げ釣り、日中は根に入りやすいのでブラクリなどを使った探り釣り(脈釣りや穴釣り)が良いでしょう。

アイナメは昼行性の魚で、日中でもそれほど釣果は落ちないので、寒い日の昼からの釣りに丁度良いかもしれません。

 

【カサゴ】周年釣れる対象魚も寒くなる12月からが本番

寒が入りサイズアップするカサゴ(ガシラ)

寒が入りサイズアップするカサゴ(ガシラ)

カサゴ(ガシラ)は周年釣れる魚ですが、夏場は小さな個体が多く、水温の下がる秋(11月頃)からがサイズアップし面白いターゲットになります。

本来カサゴの適水温は20℃で、もう少し暖かい時期の方が活性は高いのですが、暖かい時期には良型のカサゴは沖に出てしまっており数が少ないです。

浅瀬で産卵するカサゴは、11月頃から良型が接岸し始めるため、12月のカサゴは数・サイズともに期待できるハイシーズンに入ります。

ただし、メスは抱卵している個体も多く、その成長の遅さ(20cmになるのに約25年)を考えれば、リリースしてやりたい気持ちもあり、お土産はその日の釣果との相談になりそうです。

初心者でも手軽に釣果を得やすいカサゴは、岩場を狙った釣りであればどのような釣り方でも釣れますが、最も手堅いのは穴釣りや際釣りなどの探りと、ソフトルアーを使ったガシリングになるでしょう。

カサゴについての詳細も纏めていますのでコチラをどうぞ

カサゴを攻略
ガシラの釣り場とポイント
【カサゴ(ガシラ)】釣れる時期と時間、釣れる場所

エサ釣りとルアーフィッシングを問わず、狙ってボウズが少ない対象魚・カサゴ(ガシラ)の特徴と習性を纏めます。その上で、カサゴの釣果を伸ばすのに重要な釣れる時期(シーズン)、時間帯、そしてカサゴが釣れる釣り場やポイントについて詳しく紹介します。

続きを見る

 

12月の堤防釣りのターゲット【その他】

その他にも、12月の堤防釣りで釣れる対象魚はたくさんいます。

以下で紹介する魚はシーズン終盤となる魚ばかりですが、箇条書きに一言だけ添えて紹介しておきましょう。

その他の12月に釣れる魚

【タチウオ】

堤防釣りではシーズン終盤で、水温が落ちると接岸するタイミングは短く数釣りは難しくなりますが、良型(ドラゴン)に出会える率は上がります。

【サヨリ】

12月のサヨリは、穏やかな大阪湾内ではまだまだ本番中で、30cmオーバー(閂)が狙えるチャンスは続いています。

【カワハギ】

12月のカワハギは水温の低下とともに沖へ出ていくので、折角の旬の到来ながら、堤防釣りではシーズン終盤になりますが、釣れるとサイズは期待できます。

 

以上で、12月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方の紹介を終わります。

海釣りにとって12月はシーズンオフ前の最後のチャンスで、気温は低くても海水温は下がりきっておらず、まだまだ釣果は期待できます。

ロックフィッシュを中心に、この時期に本番を迎える魚も多く五目釣りも可能です。

ただし日によっては、かなり冷え込む時間帯もあるので、シッカリと防寒対策をして、今年度の釣り納めに出掛けましょう。

 

【関連記事】

12月の前後となる11月と1月の対象魚も参考にどうぞ。

 11月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方

 1月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方

 【メバル】釣れる時期と時間、釣れる場所

 【アジ】釣れる時期と時間、釣れる場所

 【クロダイ(チヌ)】釣れる時期と時間、釣れる場所

 【カサゴ(ガシラ)】釣れる時期と時間、釣れる場所

 

海釣りバイブルPC記事下ダブル(左)-336-280-default

スポンサーリンク

海釣りバイブルPC記事下ダブル(右)-336-280-default

スポンサーリンク

-対象魚
-,

Copyright© 海釣りのバイブル , 2020 All Rights Reserved.