~海釣りブログ~ 波止釣りで釣れる魚、仕掛け、タックル、釣り方を紹介した総合釣りガイド

海釣りのバイブル

右フッター用

icon-home Homeicon-sitemap Sitemapicon-file-text Profileicon-archive Privacyicon-envelope Contact

11月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方

更新日:

ここでは11月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方について紹介します。

天高く馬肥える秋を時候の挨拶とする10月は、秋の気持ち良い季節を感じられる時期で様々な収穫時期でもあり、堤防釣りにおいても釣果が上向く時期です。

ただ、現実的には秋雨と台風シーズンということもあり、週末にうまく釣行に出れるかどうかは運次第となることも多い月です。

それから11月に入ってくると海も平穏を取り戻すことが多くなり、釣り人にとっては最も大きな釣期となる月です。

肌寒さが実感されてくる時期で、11月の後半に向けてファミリーさんを中心に釣り人の数は日々減っていきますが、ワンサイズ成長した対象魚を狙うにはおすすめの時期です。

それでは、対象魚次第ではベストシーズンとも言える11月に狙えるおすすめのターゲットと釣り方を紹介します。

 

11月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方

11月はこれから冬を迎える時期ということもあり、ターゲットによっては前半と後半で釣り難しさが変わる時期です。

また、日本国内とは言っても地域によって気温と海の状況はずいぶんと変わります。

ここで紹介する内容は、あくまで管理人が暮らす近畿を基準とした紹介になりますので、その点はご了承下さい。

 

【アジ】人気のターゲットは秋に大きく成長

11月のアジは釣り応え十分

11月のアジは釣り応え十分

堤防釣りのNo.1人気ターゲットのアジは、6月頃からの豆アジに始まり、夏場に小アジとなり、ひと夏を越して秋に大きく成長した姿になります。

夏場にファミリーフィッシングのサビキ釣りで爆釣するアジですが、11月に入ると15cm~20cmに成長し、釣り応えも食べ応えも変わります。

ただし、夏場は漁港内に居着いて日中でも時間を問わず釣れることが多いアジですが、11月に入ると朝夕のマズメ時しか接岸しないことが多くなります。

そして11月の前半はまだ比較的数も上がりますが、後半に入ってくると徐々に深場へ落ち、釣れる時間も陽が落ちてからになることが多くなります。

おすすめの釣り方はエサ釣りならサビキ釣りと投げサビキですが、日中で釣果が落ちてくると、より広範囲に深めの水深も探れる投げサビキの方が有利です。

ルアーマンにとっては、いよいよアジングのハイシーズンを迎えます。

アジのサイズがワンクラス上がることでベイトも変わり、ジグヘッドを使ったソフトルアー(ワーム)だけでなく、小型のメタルジグなどでも釣果が上がるようになります。

初心者アングラーのアジングでも、この時期に始めればいきなり釣果を得ることも難しくありません。

アジについては別途詳しく纏めていますので、宜しければコチラをどうぞ

アジを攻略
アジは回遊性の魚
【アジ】釣れる時期と時間、釣れる場所

海釣りを行う釣り人にとって、一番人気のターゲットはなんと言っても【アジ】でしょう。 アジ釣りのシーズンは初夏~晩秋ですが、この時期になると、足場の良い釣り場である堤防や海釣り公園は、サビキ釣りでアジを狙う釣り客で大賑わいです。   ...

続きを見る

 

【クロダイ(チヌ)】

11月のチヌは良型に期待

11月のチヌは良型に期待

厳寒期を除いて周年釣れるクロダイ(チヌ)は、もちろん11月の釣果も大いに期待できます。

10月の雨や台風が多く濁りが強いタイミングで爆釣することが多いチヌですが、11月もまだまだ水温は高いので活性は高い状況が続いています。

夏場に期待できる30cmクラスの小型の数釣りに比べ、11月のクロダイは釣れる数は減りますが、サイズは40cmアップの期待が膨らみます。

ただし、11月も後半になればなるほど徐々に深場へ入っていくので、水温が安定している居着きが釣れる釣り場を除くと、徐々に釣り難しくなります。

この時期のおすすめの釣り方はフカセ釣りと紀州釣りで、11月前半は上層から底まで活動範囲が広いのでいずれでも狙うことが可能です。

11月後半になり深場に落ち始めると浮き上がることも少なくなるので、水深のある底を流せる紀州釣りの方が有利になります。

なお、夏場のチニングとは違い、ルアーマンにとっては少し釣り難しくなる時期です。

河口付近で行うラバージグなどはまだ楽しめますが、トップウォーターでの釣果は期待薄でしょう。

クロダイについては別途詳しく纏めていますので、宜しければコチラをどうぞ

チヌを攻略
クロダイの釣り場とポイント
【クロダイ(チヌ)】釣れる時期と時間、釣れる場所

海釣り(堤防釣り)で、初心者でも比較的大物の釣果が得やすい、大人気のクロダイ(チヌ)の特徴と習性を纏めます。その上で、チヌの釣果を伸ばすのに重要な、釣れる時期(シーズン)、時間、そしてチヌが釣れる釣り場やポイントについて詳しく紹介します。

続きを見る

 

【アオリイカ】新子の成長で納得のサイズをゲット

11月のアオリイカは新子から大きく成長

11月のアオリイカは新子から大きく成長

11月はアオリイカを狙う釣り人にとっては、数だけでなくサイズも考慮すれば、納得の釣果が得やすいベストシーズンと言えるかもしれません。

数が最も上がるのは9月~10月にかけてですが、残念ながらこの時期は新子のリリースサイズが多く、釣り方は専らエギングに絞られます。

新子の時期はサイトフィッシングなどの楽しみ方ができる反面、アジを泳がせるウキ釣りやヤエン釣りを楽しむには役不足です。

春の産卵を控える大型のアオリイカと違い、磯場の少ない堤防でも狙える秋シーズンの11月は、初心者でも好釣果を得やすい時期です。

時期を考慮したおすすめの釣り方は特になく、エギング、ウキ釣り、ヤエン釣りのいずれでも釣果は期待できます。

ただし、11月も後半になり水温が落ち込んで活性が低下すると、急激に釣り難しくなります。

こうなると、あれほどたくさんいたエギンガーは一体どこへ?と思わせる程、一斉に姿を消すのも例年の特徴です。

 

【スズキ】11月は最も荒食いが起こりやすい時期

11月のスズキ(シーバス)は荒食いのチャンス

11月のスズキ(シーバス)は荒食いのチャンス

スズキ(シーバス)は堤防釣りではルアーフィッシングで大人気のターゲットですが、周年釣れる魚の代表格です。

秋は多種多様なベイトフィッシュの活性が高い時期で、冬に産卵を控えるシーバスは体力を蓄えるために10月、11月にこれらを荒食いします。

秋口は台風で海が荒れ、増水や濁りが発生することも多いですが、シーバスはそのような状況でも活性が上がる数少ない魚です。

遊泳力が高く波の高い海を好む習性を持つので、安全が確保されているようなら、台風接近後は大きなチャンスだと言えるでしょう。

水温が下がり始めてベイトが少なくなり始めるまでが、大型を爆釣させる最後のタイミングなので、特に11月前半は積極的に釣行に出たいところです。

回遊性のシーバスが多い時期で、ベイトの兼ね合い(イワシ、サヨリ、イナッコ)からも釣り方はルアーフィッシングが面白い時期です。

マッチザベイトで沖目の広範囲を探ることで確率が上がりますが、大物狙いであれば河口部で大型のミノーをドリフトさせるのも良いでしょう。

 

【ハマチ】ポイント次第ではメジロサイズも狙える

11月のハマチはメジロクラスも!

11月のハマチはメジロクラスも!

青物の中でもフィッシュイーターの大物であるハマチは、春と秋に2度の釣期を迎えます。

夏場に釣れる青魚は30cm程度のツバスやサゴシが多いですが、11月にもなると60cmを超えるメジロや、釣り場によってはブリが飛び出すこともあります。

近年はオカッパリで行うショアジギングが大人気で、釣り場で大物を目にする機会も増えました。

もちろん、アジの泳がせ釣りの優位性は変わりませんので、堤防釣りで大物を釣ってみたいという方は、潮通しの良い沖向きの波止へ通ってみてはいかがでしょうか。

 

【タチウオ】釣果は数釣りよりもサイズに期待

11月のタチウオはエサ釣りに軍配

11月のタチウオはエサ釣りに軍配

船釣りが主流で、堤防釣りでは夜釣りが中心となるタチウオ釣りは、もともとは玄人色が強いターゲットです。

ただ、管理人の住む近畿地方の太平洋側のように、堤防釣りでも手軽に釣果が得られる釣り場があることから、近年ではルアーマンの間でも人気の対象魚となりました。

夏の終わり頃に接岸し、堤防釣りでも数釣りが可能となるタチウオですが、本格的な秋を迎える11月に入ると徐々に接岸する数が減り、活性も下がるので釣り難しくなります。

その代りにサイズは指4本クラスが上がるようになり、釣り応えも満足のいくものになります。

朝夕のマズメ時に数釣りが可能なシーズン序盤は、ワインドやジギングなど手返しが早いルアーフィッシングに軍配が上がることが多々ありますが、この時期になると食い渋る傾向も多くなることから、エサ釣りに軍配が上がります。

おすすめの釣り方としては、エサ釣り定番の電気ウキ釣りやテンヤを使った引き釣りになります。

 

【サヨリ】11月は30cmオーバーの閂を狙えるチャンス

11月のサヨリは高級魚の閂に出会えるチャンス

11月のサヨリは高級魚の閂に出会えるチャンス

サヨリは全国の沿岸部に生息する回遊魚ですが、地域やその年によって接岸する時期が変わる魚です。

管理人の主戦場である大阪湾では、夏から初冬にかけて釣果が上がりやすいですが、30cmオーバーの閂(かんぬき)と呼ばれる良型は11月から12月にかけてがチャンスです。

サヨリはサイズが小さく細いエンピツサヨリは価値無しですが、30cmを超えてくると一転して高級魚扱いされる魚です。

水温が落ちてくると接岸する時間帯に安定感がなくなりますが、大型を狙うのであれば11月は大きなチャンスとなる月です。

波止際まで寄って来なくなることも多いので、のべ竿ではなくリール竿を使ったウキ釣りで、マキエを出しながら広範囲を探りましょう。

 

【カワハギ】堤防釣りでもサイズアップで釣り人増える

11月のカワハギは旬前で美味い

11月のカワハギは旬前で美味い

カワハギ釣りは、堤防釣りでは春から秋にかけて、船釣りでは秋から春にかけてと、釣り場によってシーズンが入れ替わるのが特徴です。

暖かい時期は堤防や磯の浅場で数釣りが可能なカワハギですが、11月に入ると数釣りは難しくなる代わりに、水深のある釣り場で20cmを越えるサイズが狙えるようになります。

カワハギの旬は肝が大きくなる冬場ということもあり、堤防釣りではシーズン終盤となる秋に入ってからカワハギ釣りを始める人も多くいます。

11月のカワハギ釣りは、漁港内での釣果は厳しくなりますが、潮通しの良い沖向きの水深のある堤防(沖堤や海釣り公園)で狙うと、30cm近い大型のウマズラハギも含めて良い釣果に恵まれるかもしれません。

おすすめの釣り方は、エダスの短い胴突き仕掛けに、アサリのむき身を使うスタンダードな釣り方が良いでしょう。

 

【カサゴ】周年釣れる対象魚も11月からが本番

11月のカサゴはサイズアップに期待

11月のカサゴはサイズアップに期待

カサゴ(ガシラ)は周年釣れる魚ですが、夏場はサイズが小さく、水温の下がる秋(11月頃)からがサイズもアップし面白いターゲットです。

夏場の青魚を除けば、カサゴほど初心者でも簡単に釣れる魚は他になく、岩礁地帯であればどこでも手軽に釣果が得られます。

おすすめの釣り方は特になく、穴釣りや際釣りなどの探り釣り全般と、ソフトルアーを使ったガシリングが良いでしょう。

カサゴについての詳細も纏めていますのでコチラをどうぞ

カサゴを攻略
ガシラの釣り場とポイント
【カサゴ(ガシラ)】釣れる時期と時間、釣れる場所

エサ釣りとルアーフィッシングを問わず、狙ってボウズが少ない対象魚・カサゴ(ガシラ)の特徴と習性を纏めます。その上で、カサゴの釣果を伸ばすのに重要な釣れる時期(シーズン)、時間帯、そしてカサゴが釣れる釣り場やポイントについて詳しく紹介します。

続きを見る

 

11月の堤防釣りのターゲット【その他】

その他にも、11月の堤防釣りで釣れる対象魚はたくさんいます。

シーズン開幕で狙い目となる魚もいるので、箇条書きに一言だけ添えて紹介しておきましょう。

その他の11月に釣れる魚

【メバル】

冬に産卵を控えるメバルのシーズンも開幕で、11月の後半になれば、メバルの適水温に近づくので、荒食いに出会える可能性も上がります。

【カレイ】

カレイも真冬に産卵を迎えるため、その前後のお釣果が良く、秋の11月は数・サイズともに期待できる好機と言えます。

【キス】

夏に浅場で良く釣れるキスも、この時期になると沖の深場へ帰ります(落ちギス)が、その前の大型を狙える最後のチャンスです。

【メジナ(グレ)】

磯では冬が本番ですが、堤防釣りでは主に夏場に良く釣れる魚。数釣りでは11月はシーズン終盤となりますが、磯に面した岩礁帯の多い堤防なら逆にサイズを狙った釣りがシーズンを迎えます。

【アイナメ】

冬に本番を迎えることが多いロックフィッシュですが、アイナメもボチボチ釣れ始める時期になります。

 

以上で、11月の堤防釣りで釣れる魚とおすすめの釣り方の紹介を終わります。

11月の海釣りは気候が良く、11月前半は釣果が上がりやすい時期ですが、11月の後半は急激な冷え込みで釣果が落ちることが多い時期でもあります。

特に夜釣りで狙うターゲットの場合は、防寒対策をシッカリとして釣行に臨みましょう。

 

海釣りバイブルPC記事下ダブル(左)-336-280-default

スポンサーリンク

海釣りバイブルPC記事下ダブル(右)-336-280-default

スポンサーリンク

-対象魚
-,

Copyright© 海釣りのバイブル , 2020 All Rights Reserved.